「捨てれば捨てるほど買わなくなった」と言われること。

 
「捨てれば捨てるほど」

「買わなくなった」「お金を使わなくなった」
「不必要に買いものをしなくなった」

そんなことを、身近な人からもよく言われるようになりました。

 
ものを捨てれば捨てるほど、買いものの仕方が変わってきたことは
自分のなかにある確かな実感だったのですが、

周りの人にも気づいてもらえたのは
今までとことん捨ててきたからこその成果のような感じがして
素直にうれしいです。

 
とくに一緒に暮らしている家族には

必要なところにはお金をつかい
不必要なところにはお金をつかわない
姿勢が影響しているようで

わたしひとりだけじゃなく、家族全体のお金の使い方が
変わってきたなと実感しています。

 
コンパクトに生きるためにものを厳選していくなか、
捨てるもの、捨てないもの、と意識してものと向き合うように

お金の使い方に対しても、無意識に使っていたところがすごく減らせて
より意識してお金をつかう、つかわないの判断をするようになったおかげで

本当に必要な大切なことにちゃんとお金を集中できるようになりました

 
そのことが簡素でも豊かな暮らしを実感できる要因になっているんだな、と
今年を振り返り、今改めてそう思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

Comments are closed.