持たない暮らしは、コンパクトに生きるための手段。

 
40歳になってひと月ほど。

1年に1回おとずれる誕生日でありますが、
40歳を迎えたときは
今までにない思いや気持ちに至ったのが正直なところです。

  
この気持ちは何なんだろう??

年齢を重ねていくことの重みなのか?
それとも若さから少しずつ離れていくことの寂しさなのか?

 
いろいろ考えを巡らせていって
先日ようやく腑に落ちたところです。

それは。

 
たとえば人生80年というのが仮に自分にも当てはまるとすると
40歳を迎えた今、

これまでの人生よりも、これからの人生のほうが
短くなったんだ、という事実が

単なる一つの事実以上に、
ずっしりと抱えている心持ちなんだな、と。

 
そのことが40歳という年齢になって
ひしひしと身に染みるようになりました。

そんなわたしが今、強く強く、思うこと。

  
残りの人生の時間で、
本当にやりたいことだけに集中できるよう、
コンパクトに生きていくために

モノも暮らしも削ぎ落とし、絞りつつ、持たない暮らしを続けていく。

そんな生き方をこれからも常に意識して今を過ごしていきます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

Comments are closed.