持たない暮らしは、小回りがきく暮らし。

 
仕事や用事で日常が忙しくなればなるほど、

持ってる暮らしをしていた頃と
持たない暮らしをしている今とでは全然違ってきたことを実感しています。

 
昨年のクリスマス前、かなり多忙な時を過ごしましたが、
それでも暮らしがちゃんとまわっていました

そして今年に入ってからも、昨年より忙しい日々が多くなってきました。

 
以前は、忙しいときには
 暮らしの一部が放ったらかしになったり
 家族とのコミュニケーションが後回しになったり
 気持ちがすさんだり
していましたが、

今は忙しくなった状態が続いていても
 暮らしがまわるので放ったらかすところがないし
 家族とも時間は短くなっても濃いつき合いが出来るようになったし
 気持ちも潤いのあるまま
になってきています。

 
持たない暮らしをするなかで
やることを、やるべきことを小さくして、それがちゃんと回っている
状態です。

 
忙しく過ごすこと自体はできれば避けたいものではありますが、
でも、生きていくうえでは
多少そんな波が必要に応じてドッと押し寄せてくるものです。

そんななかでも、
忙しくても暮らしが循環して、
かつ自分自身も疲弊してしまわないでいられる。

 
そう実感させてもらえるのは、
持たない暮らしをしてコンパクトに生きているおかげだな、と
分刻みで動いた今日改めてわたしは思いました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

Comments are closed.