氷点下のなか、ガーゼケットが大活躍。

 
今、就寝時に使っている掛け寝具は、
掛け布団とガーゼケット2枚だけです。

冷え込んでいる夜でも
寝る前、布団乾燥機で布団のなかを温めることも
しなくなりました。

 
これまでは化繊の毛布数枚と掛け布団、
そして顔や首から肩にかけてガーゼケットを
ふわっと掛けていました。

が。
今年の冬からは化繊の毛布を使うのをやめて、
6重のガーゼケットを体に掛けて、そのうえに掛け布団を。
(※掛け布団は秋に買い替えて羽毛から家で洗えるポリエステル製になっています)

そしていつも通り、肩や顔まわりには4重のガーゼケットをふわり。

 
 
数枚も掛けていた化繊の毛布がないのに、
羽毛布団でなくなったのに、
オーガニックコットンのガーゼケット+ポリの掛け布団で十分暖かく、朝までぐっすり眠れます。

床に入った直後でも、ひんやり感がないので
布団乾燥機も使わなくなってしまいました。
(布団乾燥機を使ってあたためると、暑すぎて寝苦しくなったので)

 
夏も活躍するガーゼケットが、冬にもこんなに活躍してくれるなんて。
ますますガーゼケットが大好きになりました。

 
 
 

Comments are closed.