食の簡素化/ときには一汁一菜で。

 
仕事が長引いてしまったとき。
日中、いろいろな用事でくたくたになってしまったとき。

すでに簡素化しているいつもの一汁三菜さえ
ごはんの支度の気力がなくなることがたまにあります。

 
そんなときは。
近所にたくさん食べる店があることもあって
つい、つい、外食することも。

ですが。
外でおいしいものを食べに行く、という目的が先にありきの外食でない
夜ごはんを用意できなかったゆえの外食は
あまり気持ちいいものではないのです。

 
そこで。
最近は、一汁三菜を用意できなくても、
一菜だけでもいいや、という気構えでいることにしました。

しかも。
まな板も包丁も使わずに調理ができれば
ごはんの支度のハードルがかなり下がります。

 
たとえば先日は
もやしと豚肉を蒸しました。

蒸している10分ぐらいで、
わかめと豆腐と(冷凍で常備している)きのこの味噌汁も
用意して。

(もっとしんどかったらインスタント味噌汁でも)

 
もやしと豚肉はポン酢で食べる一汁一菜です。

もやしを洗うときにザルを使うのと
豆腐をきるときにだけ包丁を使うぐらいの調理なので、
洗いものも少ないのが、ごはん支度をかなりラクにさせてくれる。

 
 いつもと同じだけごはん支度できない → だから外食

から、

 たとえ一品だけでも用意して → 家で食べる

ようにすると、

外食になってしまった気持ちのひけも持たずにいられるし、
外食代の抑制にもつながる。

 
ときにはコンパクトなごはん作りの日もあり、と思って
気楽に暮らしをつづけていきたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

Comments are closed.